改葬の手続きについて

代々受け継がれてきたお墓がある場合、親族で亡くなった人の遺骨はそのお墓に納めることになるでしょう。
しかし、住んでいる場所から遠くにお墓がある場合などは管理が難しくなってしまうため、お墓を別の場所に移す必要があります。



さまざまな事情から改葬を考えている人もいるかもしれませんが、その手続き方法についてしっかり知っておくと良いでしょう。お墓を別の場所に移したいという場合、法律で定められた手続きなどもあるので必ず行う必要があります。


まずは新しい墓地を契約することになりますが、その時に受入証明書を発行してもらいます。
次に墓地の管理者に改葬することを伝え、埋葬証明書を発行してもらいましょう。


市区町村役場で改葬許可書をもらう必要もあるため、手続き方法をチェックしておきましょう。
現在の墓地に改葬許可証を提示してから石材店に依頼して遺骨を取り出してもらうのですが、その際にはお墓から魂を抜く法要を行うことになります。


それから新しい墓地に遺骨を移し、僧侶に開眼法要を行ってもらうのですが、最後に元の墓地を更地に戻して返却します。

産経ニュースをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

改葬にはさまざまな手順が必要であり、ある程度時間がかかってしまいます。遺骨を移動させるために現在の墓と新しい墓で1日ずつ、墓石を新しく作るためには2か月程度必要となります。

そこで予定日の3か月前くらいから準備を始めると良いでしょう。

また、住職や石材店の都合などもあるため、できるだけ早く準備しておくことが大切です。