注目されている自然葬とは

核家族化や高齢者夫婦、高齢者の一人暮らしなど、家族形態が変化してきています。

それにより、葬儀やお墓事情も変化してきています。お墓事情で今注目されているのは、お墓の継承者を心配しなくてもよい形式です。


お寺などで大勢の遺骨と一緒に納骨してもらえる共同墓地、永代供養墓のほかに、遺骨を自然に帰す自然葬が注目されています。自然葬とは、遺骨をお墓ではなく、海や山などに散骨する方式のものです。

BIGLOBEニュースに関しての関心度が高まっています。

墓標として人工物を用いないものを指します。
自然の大きな循環の中に帰していこうという考えです。

海や山への散骨は特に違法とはされていません。

節度を持って行われる限りは問題ないとされています。
ただ骨を粉々にする必要があります。



また業者に必ずしも依頼しないといけない、というわけでもありませんが、それをお手伝いする業者は存在します。跡継ぎがいない、子どもや孫にお墓管理の負担をかけたくない、という人におすすめです。

自然葬の中で人気がある形式のひとつが樹木葬です。


行政が許可を取った霊園などに遺骨を埋葬できます。
散骨ができる樹木葬もあります。


花や木などが墓石の代わりになります。墓石よりも低価格で、宗教、宗派にこだわらないという特徴を持っています。


基本的に継承者がいなくても、永代にわたって供養をしてくれます。


樹木葬は自然を生かした里山のような形式と、霊園内が区画で分けられた公園のような形式の大きく二つに分けられます。