墓じまいとするときは改装手続きが必要

墓は先祖代々受け継いでいくものという認識がありましたが、以前と比べて親戚関係が希薄になったり、実家から離れて暮らしているのでお墓参りに頻繁に行けないという理由から墓じまいを考える人が増えています。また、近くに墓があっても、墓の継承者がいない場合は無縁墓になってしまう可能性があるので、墓の管理者や隣の墓に迷惑をかけたくないという気持ちから墓じまいをする人が増えています。

墓じまいは墓の管理者に連絡をとって意向を伝えて、魂抜きや遺骨の取り出し、閉眼供養を行いますが、魂抜きをする前に、自治体の役場で改装許可証を取得する必要があります。お墓に遺骨をおさめるときに埋葬許可証を取得しいるので、勝手に遺骨を移動することはできません。



改装許可証を申請するときには、遺骨の移転先をあらかじめ決めておく必要があります。

移転先の証明書を取得してから、改装許可申請書の用紙を貰って必要な事項を記入して提出します。遺骨の受け入れ申請書と改装許可証の書類を用意したら、墓地管理者に墓じまいを申し出るとスムーズに事が進みます。
墓地管理者がお寺の場合は、魂抜きと閉眼供養のお布施以外に、今までお墓を管理してもらった感謝の気持ちとして、5万円から10万円ほどの金額を包むことが一般的になっています。



墓石は専門業者に撤去してもらうことになりますが、墓石が大きな場合や重機が入りにくい場所にお墓がある場合は、撤去費用が少し高めになります。

あなたが探していたNAVERまとめといえばこちらのサイトです。