墓じまいをするときには

高齢化社会でありながら、少子化が進む、少子高齢化の時代となっています。
このような時代背景により、お墓を守る後継者がいないという人が増えています。
それとともに、墓じまいをする人も増えてきています。

墓じまいとは、管理ができなくなったお墓を処分することです。

後継者がいないというだけでなく、お墓が遠くにあるのでお墓参りが難しい、お墓がいくつもあって管理しにくいなど、生活環境の変化も影響しています。

墓じまいは、単純にお墓を解体していいというわけではありません。
遺骨を移動させるには、改葬という手続きが必要で、市区町村が発行する改葬許可証がなければ遺骨を取り出すこともできません。ただ、その手続きに至るまで、トラブルにならないように親戚や寺院に相談するようにしましょう。

様々なガジェット通信サポートと断言できます。

墓じまいに納得しない親戚もいるでしょうし、寺院を離れる場合には離断料という名目でお金を要求される場合もあります。後味が悪くならないよう、しっかりと準備することが大切です。
また、遺骨の行き先も考えておきましょう。

方法としては、別のお墓に移動する、または寺院などにある永代供養墓に合葬する、または海などへ散骨する、といったものが考えられます。


そして、そこまでの準備が進めば、工事を依頼する石材店選びを行います。



墓石を撤去し、更地の状態で返却しなければならないからです。

遺骨を取り出すとき、墓石の撤去作業を行ってもらいます。

墓じまいのお役立ち情報はこちらのサイトです。

墓じまいを考えるときには、段取りや手順に注意して進めていきましょう。